私はいつプロポーズされたの?結婚願望の強い年上の彼の気持ちがわからず別れてしまった過去の恋愛体験

はなさん(女性 41歳 福岡県 専業主婦)から投稿いただいた「彼の気持ち」体験談です。
お見合いパーティーで優しく話しかけてくれたことがきっかけで年上の彼と交際を始めたはなさん。彼の結婚への気持ちは非常に強く、デート中でも結婚をほのめかす言葉をはなさんに囁きます。しかし、22歳と若く結婚を現実的に思えないはなさんと彼の意識のズレが原因で、徐々に二人の仲は険悪に。不機嫌な態度をとるばかりで、その理由を明確に伝えてくれない彼の気持ちがわからず、これ以上交際を続けていくことが出来ないと判断したはなさんは彼との別れを選択します。

苦悩


お見合いパーティで知り合った年上の彼氏

私は、22歳の時に32歳の彼氏ができました。
お見合いパーティーで知り合って、偶然隣同士になりました。
初めて参加してどうしたらいいのかわからなくて緊張してしまい、困っていた私に、優しく話しかけてくれたのが彼でした。

結婚を強く意識している彼との意識のズレ

彼は年齢的に結婚をもの凄く意識していました。
デート中にも、結婚したらこういう事をしたいという話がよく出てきていました。
デートの帰り道に一緒に歩いていた時に、新しくホテルができるのを見て、ここで結婚できたらいいなと言ったこともありました。

私は、彼が私に対して言っているのではなく、結婚の願望があるという話をしているものだと思っていました。
当時22歳の私は、結婚するのはまだ先の話で夢の出来事のように感じていたからです。
こんなにも結婚に対して、現実的な考えを持っている彼に、私はふさわしくないのかなと思うようになりました。

突然他の女性を紹介して欲しいという彼

ある日、職場の人を紹介して欲しいと言われました。
一緒に飲みに行きたいと言われたのです。
職場の女性の話をよく聞いてきたので話をしていました。
会ってみたいというのです。

私は彼の事が好きでした。
他の人を紹介して取られるのが嫌だと思いました。
なので結局飲み会は計画しませんでした。

関係が続くにつれ変わっていく彼の様子

付き合っていくうちに、優しかった彼がだんだん機嫌悪くなってきました。
会うたびにイライラしているように見えたのです。
そして、とうとう言われてしまいました。
私と彼は性格が合わない、結婚していたら離婚することになる、とか言って怒っているのです。

態度は悪いけど私の事を大切にしてくれる彼の気持ちって?

しかし、私のことを大切にしてくれる面もありました。
どちらが本当の彼なのかわからなくなってきました。
電話をしても不機嫌な態度をするし、電話がかかってきたと思ったら3コールくらいで切れます。
出ようと思っても間に会いません。
意地悪をされているようにも見えました。

ですが、体の関係だけということはありませんでした。
会ってもしない日のほうが多く、回数的にはかなり少なかったです。
彼の家に入れてくれる日は、することが多かったです。
しかし、彼の家の近くを通っても家には入らずに、車だけを取りに行って私の家まで送ってくれました。

最低だったクリスマスデートが原因で彼と疎遠に

とうとう付き合っている間の最後のデートになった日は、クリスマスでした。
私は、仕事帰りでしたが待ち合わせをしてドライブに行きました。
デートスポットで、いい雰囲気になりながらも人が多すぎて、行きたいお店には入れませんでした。

帰り道に、私に対して愚痴を言われました。
私と付き合う時間は無駄な時間だとも言われました。
ずっとぶつぶつ言っているのを聞いて、もう駄目だと思いました。
とてもショックだったし、好きという気持ちだけでは続かないと感じました。

この日以降は、しばらくの間連絡を取るのをやめてしまいました。
彼からも何も言ってきません。
しかし、半年後にデートの誘いの電話がかかってきました。
突然のことでびっくりしました。
アイススケートのショーの誘いでした。
その日は仕事が忙しく休めなかったので断ると、不機嫌そうな他人のような喋り方になり、電話が切れてしまいました。

え?私っていつプロポーズされたの?

それから2年後、偶然電車の中で彼に出会いました。
視線を感じる先を見ると彼でした。
下を向いていましたが、話しかけると優しく返してくれました。
ゆっくり話がしたいと言うので、後日会うことになりました。
色々話をしているうちに、聞きたいことがあると言われました。

どうしてプロポーズを受けてくれなかったのかと聞かれました。
何が原因か知りたいというのです。

私は驚きました。
いつプロポーズをしてくれていたのかわかりません。
彼がずっと不機嫌だったのは、私が返事をしなかったからです。
今まで待っていてくれたようでした。
私が気が付かなかったというと、無言になってしまいました。

今になってもわからない彼の本当の気持ち

帰り道、また付き合ってほしいと言われました。
他にいい子はいないと言うのです。
しかし、彼の機嫌が悪い態度を思い出すと、どうしても結婚に結び付けることができませんでした。
結婚しても、ずっと不機嫌な態度を取るはずです。
彼の気持ちが本当にわかりません。
結婚したい相手なら、私の前であそこまで不機嫌な態度は取らないはずです。

彼のことを傷つけて悪いことをしたと思っています。
しかし、はっきりとプロポーズしてくれないとわかりません。
別れてよかったのかもしれません。
彼の気持ちが今でもずっと、心残りになっています。

はなさん(女性 41歳 福岡県 専業主婦)


はなさん、投稿いただきありがとうございました。
最初は優しかった彼がだんだんと変わっていってしまうというのはとても悲しいことですね。
彼の気持ちがわからず、色々と悩みは尽きなかったと思います。

男性はストレートな表現が苦手で回りくどい表現をすることがある

「好き」「愛してる」という言葉を好きな男性から投げかけられたら女性としてはとても嬉しいものです。
ですが、日本人の男性は中々こういう女性が喜ぶストレートな愛情表現の言葉を口にしてくれません。
男性は言葉よりも行動で愛情を伝えようとする生き物ですからね。

そのため、口で気持ちを伝える際にもストレートな表現ではなく非常に回りくどい言い方をする場合があります。
特に、恋愛経験の少ない男性はこの傾向が強く表れます。
意中の相手に自分の気持ちを伝えるということに慣れていないのが原因です。

そして、厄介なことに自分の気持ちを行動や遠回しな言葉で表現しても、自分の気持ちが相手にも伝わってくれると思ってしまう男性が多いということです。
以心伝心に憧れているのかもしれませんね。

ただ、状況によっては回りくどい表現で相手にやんわりと気持ちを伝えつつ、相手の反応を探っている場合もあります。
告白やプロポーズ等をする際にこういった行動をとることが多いですね。

相手の気持ちを少しずつ確かめ、ある程度気持ちの確認がとれてから行動をするというわけです。
これは男女問わずに行う行動だと思います。

今回、はなさんがお付き合いをされていた年上の彼も、デート中に頻繁に結婚への強い気持ちをはなさんに伝えていました。
結婚をしたらこういう事をしたい、結婚式はこのホテルで挙げたいなど、デート中の会話の中にそのヒントは数多く散りばめられていたと思います。
彼の態度がどんどん悪くなっていてしまった原因の一つは、はなさんの結婚への意識の低さも大きく関係しているのは間違いありません。

お見合いパーティーという性質上、そこへ来る方はみなさん結婚を強く意識している方ばかりです。
結婚を具体的に考えてないのにお見合いパーティーに参加してしまったことが今回の問題の要因だと言えるでしょう。
交際の途中に他の女性を紹介して欲しいと言ったのは、はなさんとの交際にあまり未来を感じることが出来なかったからだと思います。
恋人を見つける場所も考慮しておく必要があるでしょう。

ただ、やはり女性としてはストレートな彼の気持ちを言葉にして伝えて欲しいものですね。
特にプロポーズは女性にとっても一大イベントです。
そういった大切な事柄に関しては、曖昧な言葉ではなくはっきりとした気持ちを言葉で表現して欲しいと男性に願わずにはいられません。

はなさん貴重な体験談をありがとうございました。



PAGE TOP