中々離婚してくれない彼。私のことは本気じゃなかった?本気で愛した彼との失恋体験談

春の風さん(女性 不明 埼玉県 会社員)から投稿いただいた「彼の気持ち」体験談です。

飲み会で出会った既婚者の彼をいつの間にか好きになってしまった春の風さん。

いけないと思いつつも気持ちが止められなくなってしまいます。

何度も別れようとしますが、彼から離れることが出来ない春の風さんに待っていた未来は想像を絶するものでした。。

彼の気持ち体験談メモ

お名前:春の風さん(仮名)
性別:女性
当時の職業:会社員
年齢:不明
地域:埼玉県
悩み:
当時の状況:


私の事、本気だと思っていた…本当はどうだったの?

お友達に連れられて行った居酒屋。そこに彼はいた…。

友達から、聞いていたのは、彼には彼女がいると言う事。

だから私は、あなたは論外だったのに。

あなたが私に話しかけたの。

そこでも私は、あなたの事は何とも思っていなかったはずなのに。

楽しみになってきた彼からの連絡

後日、友達から彼が私に話があるから連絡先を教えて欲しいと言われたってメールが来た。

一人暮らしで、彼氏もいなかった私は暇つぶしのつもりでOKした。

彼は毎日、メールをしてきた。

いつの間にか、私はあなたとのメールを楽しみに待っている自分に気がついた。

そして彼と食事をすることになった。

楽しかった。でも、彼には彼女がいるって知っていたから。。

でも、気になってついに聞いてしまったの。

その答えは…悲しい答えだった…

実は既婚者だった彼

彼女ならよかったのに、結婚してるなんて…毎日メールして来ていたのは?

でも、今の私は一人。

寂しいし、次の彼氏ができるまで適当に連絡をとっていようと思った。

いつの間にか、体の関係を持ってしまっていたの。

そして、彼からの連絡は朝・昼・晩。毎日。

嬉しい、楽しい、大好き…

どうしよう…私、本気になってる。大好きだから辛い…

悩んだ末に出した答えは彼との別れ

悩んで私は彼との関係にピリオドを付けることにした。

逢ってしまうと、決意が揺らいでしまうとわかっていたので、電話で言った。

「もう逢わないし、連絡も取らない。あなたとは別れます。大好きになってしまったから、別れます。」

彼は、電話の向こうで泣いていた…

でも、彼は…

「わかった…」と。

悲しかったけど、これでいいんだ、そう自分に言い聞かせて…

私との未来を選んでくれた彼

でも、数日後に彼からの電話がなった。

どうしよう…

出たい…でも…

電話に出てしまった…

彼はまた泣いていた。

そして、彼はこう言ったの。

「俺、離婚するよ。だから待っていて欲しい」

嬉しかったけど、彼には小さな子供がいるし簡単ではない。

それでも彼は離婚して私と一緒にいたいと言ってくれた。

彼は、離婚届を家に置いて出てきた。

私と同棲を始めた。

幸せな同棲のはずなのにどうしてこんなに辛いの?

お給料も私に渡してくれたし、新しい銀行口座も作った。

私は信じていたから、彼が結婚している事を親には内緒にしていて彼を親に合わせた。

彼は、さすがに彼の親には話せないけど、彼のお姉さんに私を紹介してくれた。

お姉さんも私との付き合いを賛成してくれて、理解のあるお姉さんだった。

でも、同棲は楽しい半面…辛い毎日でもあった。

こんなに楽しいのに、幸せじゃない…

本当に離婚できるの?

私と結婚してくれるの?

不安ばかり募って、つい彼にそれを言ってしまう私。

奥さんの親からの電話もケンカして話しているのも聞いていたし、彼は離婚の意思はあるはずだけど…

彼は離婚を真剣に考えてくれていたの?

彼は離婚を真剣に考えてくれていたの?

同棲から次に進まない…

追い詰められてしまった私の我慢の限界

私はどんどん追いつめられてしまって…仕事に行けなくなった。

泣いてばかりの毎日になって…

夜、親に電話して泣いてしまった…

「帰っておいで…」

帰りたくない、でも…このままでは私はダメになってしまう…

結局、私は荷物を持って彼との部屋を黙って出た。

夜に、彼から電話あった…

辛い…別れたくない…

でも…

彼との関係が完全に終わった瞬間

私は、もう何もわからなくなった。

その後も彼から呼び出されれば逢ってしまう…そんな日が続いて…

私の様子があまりに変だと友達は心配して、私の両親に話してしまって…

彼とは逢わないと、彼、私、私の親、友人と誓約書を書いて…

終わった…

彼は私の事をどう思っていたの?

それから3年、私は引きこもった…

体重が10キロ減って、その後、25キロの増加、過食症だ。

心療内科にも通院した。

大き過ぎた失恋のショック

大き過ぎた失恋のショック

あれから月日はたって、今は生活を送れるようにはなったけど…彼ほど好きになれる男性には逢えない。

彼は、本当に私を好きだったのだろうか…

彼は、本当に私と結婚するつもりがあったのだろうか…

彼は、今どうしてるのだろうか…

彼は、今幸せなのだろうか…

彼は、私の事を思い出す事あるのだろうか…

そして、私は今シングルマザーです。

あなたと一緒に生きていきたかったよ。

春の風さん(女性 不明 埼玉県 会社員)


春の風さん、貴重な体験談を投稿していただきありがとうございました。

不倫からの略奪愛をする時は相応の覚悟とお互いの気持を怠らない

既婚者との交際、更にその彼に子供がいる状態でのお付き合いとなると、幸せだけではなく辛い気持ちも同時にたくさん味わうことになります。

春の風さんも非常に辛い体験をされました。

今は普通に生活も出来るようですが、一時は心療内科に通院するほど精神的に追い込まれてしまっています。

不倫で幸せを掴むことが出来ることもありますが、大半は辛い恋になるということは肝に命じておかなければいけませんね。

春の風さんが交際していた彼の場合、ちゃんと離婚をする意思はあったでしょう。

そうでなければ春の風さんと同棲までするようなことはありませんし、身内の姉を紹介するなんてことは絶対にしません。

ただ、離婚をするということはお互いの家族にまで迷惑が及んでしまう大変な重労働です。

単に交際をしている時とは訳が違います。

恐らく彼は離婚届を奥さんに渡していたのでしょうが、奥さんがそれを了承しなかった可能性が高いです。

お子さんもいたようですから、離婚をしてしまってはその後の生活が大変になってしまいますからね。

二人の同意が無ければ離婚は成立しません。

離婚調停を行うとなれば時間がかかりますし、それが春の風さんとの結婚に大きな足枷となっていたと思われます。

また、不倫をしていたということが奥さんにバレてしまった場合は春の風さんも慰謝料を奥さんに支払わなければならない可能性が出てきます。

春の風さんに迷惑がかからないように、彼が行動していたことで離婚が遅れていたとも考えられます。

いずれにしろ、彼の気持ちとしては一刻も早く離婚をして春の風さんを安心させたいと思っていたはずです。

体験談の中からはわからなかったのですが、離婚の話し合いの状況や、結婚への見通しや具体的な時期というものを二人で話し合われたのでしょうか?

そういった具体的な話し合いをしてこなかったのではないかと思います。

ゴールが見えないまま待ち続けるというのは非常に辛いことです。

これから先の人生をともに歩む予定の相手だったわけですから、しっかりと話し合いをし、お互いの気持を確認し合うことが出来ていれば違う未来があったのかもしれません。



PAGE TOP