昔のセフレから来た突然の連絡が原因で彼と大喧嘩。過去の恋愛なのに嫉妬する彼の気持ちって何?

ぽんさん(女性 32歳 大阪府 看護師)から投稿いただいた「彼の気持ち」体験談です。

曖昧な身体だけの関係を続けていた彼がいたぽんさん。

そんな自分の恋愛相談を過去に今のご主人にしていました。

セフレや過去の男友達との関係を全て捨て、今のご主人との未来を選択したぽんさんでしたが、ある時昔のセフレから突然連絡がきます。

ご主人を大切にしているぽんさんはその連絡を無視しますが、過去の男性との話をご主人から持ち出され、連絡がきたことを正直に答えると途端にご主人は不機嫌に。

ご主人が不機嫌になった理由がわからないぽんさんでしたが、長文のメールでご主人の気持ちを打ち明けられます。

ご主人の本心を知り、大切なパートナーとの関係を築いていくうえで大切な事が何かを気づくことが出来たぽんさんの体験談です。

彼の気持ち体験談メモ

お名前:ぽんさん(仮名)
性別:女性
当時の職業:看護師
年齢:32歳
地域:大阪府
悩み:過去のセフレから連絡がきたことを彼に伝えたら喧嘩になってしまった
当時の状況:恋愛相談相手だった彼と交際中


主人と出会う前の体だけの関係だった彼

主人と親密に遊び始める前にセフレがいました。

その人とは付き合う予定もなく、ただ一方的に私が好きなだけでした。

知り合った当初、主人とはそんな恋愛の話をする仲でした。

知りあった時には特にお互い恋心も無かったので、聞かれればその時の恋愛の話を包み隠さず話していました。

そんな関係から定期的に二人で遊ぶようになったので、セフレの彼を筆頭に他の遊び友達の男性とは連絡を断ち、一切連絡を取る事も会う事もなくなりました。

つまり主人と親密になると一切の男性関係を無くしました。

過去の男性からきた突然の連絡

そんなある日、そのセフレから元気?との内容のメールがありました。

その事に少し心躍りましたが、特に何も返信する事無く放置していました。

はっきりと別れの宣言をした訳ではありません。

そもそも付き合ってもないので別れの連絡も不要だろうと思っていました。

連絡を私がしなくなれば関係は無くなるだろうと気楽に思っていました。

しかし、それでは不十分だったのです。

本当の話を打ち明けて悪化した二人の関係性

その当時の主人と何故かそのセフレとはどうなったのか?との話しになりました。

正直にあれから連絡は来たけど返してない、と答えました。

一気に主人は機嫌が悪くなりました。

私には全くその理由が分かりませんでした。

連絡も取っていないし、会ってもいない、これ以上何をすればいいのか分かりませんでした。

一緒にドライブに行っていましたが、その事実を話してから主人は一切口をききません。

話しかけても答えてくれないので無言のまま時間は過ぎました。

これが二人の初めてのトラブルになりました。

彼の気持ちを考えても出せない答え

主人の家に着いても機嫌はちっとも直りません。

ともすれば、暴れ出しそうな状況でした。

正直何だか面倒くさくなってこのまま別れてもいいかな、とも思いました。

しかし、主人位ときめいた人は初めてだったので無い頭を一生懸命振り絞りました。

出した答えの行動はそのセフレに彼氏が出来たから連絡しないで下さい、とのメールを送る事でした。

兎に角、主人の機嫌を直したかったのが最優先で、その時はあまり主人の気持ちを考えられていませんでした。

主人から届いた彼の気持ちを綴った長文メール

どうにかその時はやり過ごしましたが、メール無精の主人から翌日長文のメールが来ました。

その内容はそのセフレの連絡先を残していた事に関する事でした。

彼が危惧したのは「いつかもし、私たちの関係が上手くいかない時期に偶然そのセフレから連絡が来たり、優しい言葉をかけられたりすると一時期の気持ちの迷いで揺れてしまう事がある。連絡先を残している事はその連絡が出来てしまう環境にある」との事でした。

その内容を読んでも、その当時の私は彼にやきもちを焼かれていると思い、嬉しくなっていただけでした。

結婚してわかった当時の彼の本当の気持ち

それから歳月が経ち、彼と結婚して一緒に過ごす事で彼の言いたかった事がようやく分かるようになりました。

私に何が不足していたかと言うと主人への配慮です。

元セフレや男友達の連絡先を残している事自体が主人への配慮が無かったと言う事です。

それを見て不愉快な思いをするのは至極当然です。

勿論、連絡をしないとしても必要ないなら目に入らない様にすべきだったのです。

相手を思って相手が嫌がる事をしない事が一緒に生活する上でのエチケットだったのです。

その事をようやく理解し、その様に行動できるようになりました。

二人の関係

過去よりも現在の彼を大事にしたい強い想い

その出来事もあってか、フェイスブック等のSNSはほぼしていません。

こちらが連絡先を消していても相手が残しているからか、LINEですら元彼が出てきました。

今の時代、繋がろうと思えば繋がる事が出来ます。

それはこちらが望もうが拒否しようが繋がる事ができます。

しかし、それで主人が不安感や気分を害するなら、生活に支障のない範囲でもつながる必要はないと思っています。

過去の彼氏と繋がるよりも主人と仲良く楽しく過ごす事の方が私には大切な事です。

ぽんさん(女性 32歳 大阪府 看護師)


ぽんさん投稿いただきありがとうございました。

ご主人との関係は良好に保てているようで安心しました。

男性は独占欲・嫉妬心が強いので過去の恋愛話も喧嘩の原因に

表には出さない男性が多いですが、男という生き物はみなさんが思っている以上に独占欲が強く、嫉妬深い生き物です。

手に入れた女性の過去の恋愛に対しても嫉妬心を剥き出しにしてくることがあります。

それが原因で喧嘩をしてしまい、彼との関係性に悩んでいる女性の方も多いと思います。

過去の恋愛を聞きたがるくせに、その話をすると不快感を露わにする男性も結構いますからね。

イライラ

でも、それはあなたに対してやきもちや嫉妬の感情を抱いている証拠です。

無理だとわかっていても、過去も含めてあなたという存在を自分のものにしたいという男性の独占欲からくる感情です。

もしあなたのことを本当に好きではないのであれば、このような感情は生まれないでしょう。

あなたのことを本気で好きだからこそ、あなたの過去の恋愛にも嫉妬してしまうものです。

そんな彼の気持ちを理解してあげることができれば、喧嘩をしてしまっていても仲直りがしやすくなると思います。

過去の恋愛の話はお互いに気にはなる部分ではありますが、あまりオープンにしてしまうのはオススメできません。

全てを打ち明けるのではなく、当たり障りのない部分から打ち明けるのが無難でしょう。

今回、ぽんさんは昔体の関係だけだった男性の話を包み隠さずご主人に相談されいたとのこと。

恋愛の相談相手という立場から恋人への関係に発展した場合、こういった喧嘩は起こりやすいものです。

恐らくご主人は、早い段階からぽんさんの事を好きになっていたのだと思います。

そうなると、相手の男性の存在というものは彼にとって大きな不安材料です。

好きだからこそ色々な妄想が膨らんでしまい、知らずに敵対心を持ってしまいます。

仲がいい時はあまり問題ありませんが、お互いの関係が悪くなってしまったときに不安や寂しさから気を許せる異性に気が向いてしまうということはよくあることです。

ぽんさんも連絡がきて心が躍ったとありますので、もし関係が悪化している時にこのメールを受けていたとしたら、ご主人と結婚していなかった可能性も十分に考えることが出来ます。

だからこそ、ぽんさんのご主人は過去の相手から連絡がきたという事に不安と憤りを感じてしまいました。

これは間違いなくぽんさんの仰る相手への配慮が欠けていたのが原因だと言えます。

自分の気持ちの中では完結している問題だとしても、相手にそれを伝えていなかったので彼の気持ちの中ではまだ完全には終わっていない問題だったというわけです。

過去の恋愛も含めて今のあなたという存在があるので、過去の恋愛が悪いという事では決してありません。

恋愛経験はとても大事ですし、過去に色々な失敗や成功を繰り返すことで次の恋愛にも活かすことが出来ますし、人間的にも成長が出来ると思います。

過去の恋愛が原因で今の彼と喧嘩をしてしまっているのであれば、ぽんさんのようにパートナーの彼の気持ちを理解し、お互いの関係が良好になるようなエチケットを身につけるよう努力する必要があるのだと思います。

ぽんさん、素晴らしい体験談と彼への気持ちに対する答えを教えていただきありがとうございました。



PAGE TOP