一度も顔を合わせていないネットで出会った彼氏。8年間付き合っているけどいつになったら会えるの?

愛理さん(女性 35歳 神奈川 会社員)から投稿いただいた「彼の気持ち」体験談です。

出会い系サイトで知り合った彼と恋人関係になり、結婚の約束も交わした愛理さん。

毎日のように電話もして順調な交際のように思えますが、二人は一度も顔を合わせたことがありませんでした。

彼を支えながら彼と会えることを願う愛理さんですが、運命は中々二人を巡りあわせてくれませんでした。

彼の気持ち体験談メモ

お名前:愛理さん(仮名)
性別:女性
当時の職業:会社員
年齢:35歳
地域:神奈川
悩み:ネットで知り合った彼に8年間出会えていない
当時の状況:出会い系で知り合った彼とネット恋愛中


出会い系サイトで知り合ってから8年間も会えていない大好きな彼

今から書くことは、今まで8年間誰にも言えなかったことを書きます。

嘘みたいな話ですので周りには信じて貰えないし反対されるばかりなんで誰にも話してません。

ですが、これは実際に私が体験した実話で現在進行形のお話です。

長年交際を続けている彼と私

私には8年間付き合っている大好きな彼氏がいます

私たちの中では結婚することは既に決めていて、お互いに何があっても揺るぎない気持ちを持っています。

ですが私たちは普通のカップルと少しだけ違います。

いや…かなり…ですね。

8年間一度も会ったことのない恋愛

実は私達は8年間、彼の都合で一度も会ったことがありません

それは現在も続いています。

普通なら有り得ないと思うでしょう。

そう思われたくないので親や友達は彼の存在は知ってますが、1度も会った事がないのは私と彼しか知りません。

ここまで来るのには本当に色々ありすぎて辛い時期もありましたが、何度か乗り越えてきて今に至ります。

一度も会っていない彼と8年間ネット恋愛

一度も会っていない彼と8年間ネット恋愛

ネットでの出会いと彼との付き合い方

私たちの出会いのキッカケは某出会い系サイトでした。

彼は2つ下ですが、実は偶然地元が一緒で高校も近くでした。

それはサイトで知り合って暫くしてから分かった事です。

今は結果的に色々ありましたが地元に二人とも戻って、私は独り暮らし彼は実家で暮らしています。

ネットで出会った時は、私は今住んでいる地元から離れた都会で暮らしていたのですが、地元に帰って半年ほど経過していた段階でした。

一方彼は私の暮らしていた都会と地元の間の都市で暮らし、自分の店を持って働いていました。

その時の彼との距離は車で2時間程の距離の場所に住んでましたし私は会社員、彼は自分の店がありましたから休みも合わず半年が経過し、なかなか会えずにいました。

でも毎日電話をくれていました

会えないけど幸せな彼との交際

彼は仕事が終わり片付けて帰宅するのは深夜12時を過ぎる場合もありましたが、私は通常遅くとも夜11時には眠りにつくのですが、彼との電話は楽しみで朝起きるのは辛くなるのは分かっていても、つい長話になる事もありました。

かなり私のタイプでしたしモテるしカッコよくて、私には勿体ない程の人でしたが、私は彼に運命を感じていて私から最初好きだと言いました。

互いに同じタイミングで電話しあったり、メールを送った瞬間にメールが来たり『同じタイミング現象』が頻繁にありすぎて運命を感じていたからです。

それによく運命の人には何かを感じると言いますが、私にはそれがありました。

彼もそれを感じたそうです。

そこまでは幸せなカップルの話でイラついた方もいると思いますが、ここからは私たちの苦悩が始まりました。

彼の身に降りかかる不幸

付き合いだして半年ほどした時、彼の母が末期のガンを宣告されました。

彼は酷く落ち込み、初めは私に隠していましたが様子が変なので問いただしました。

彼は話ながら、初めて電話で泣いていました。

彼は裕福な家庭に生まれ、これといって酷く辛いことを経験した事がなく、それからはショックの余り電話も少なくなり頻繁にきていたメールも来なくなりました。

私は、彼の支えになりたい気持ちで一杯になりましたが、反面彼はそういう時は放置してほしいタイプで、どうしていいか分からなくなりました。

頼りたいと思って貰えない自分が情けなくもなりました

ストレスで変わっていく彼

それを機に彼は地元に戻ってきたのですが、知り合ってから約一年経過していました。

1度も会わず

彼の父は地元で会社経営をしており、彼の母を自宅で看護したいという彼の父の希望もあり、彼は自分の店をたたみ地元に帰ってきたのですが、彼は自分の母の介護をしながら親の会社を継ぐ為の慣れない仕事で本当に疲れていました。

人が変わったように毎日イライラしていました。

連絡はあるものの声に張り合いはなく短い会話で終了。

彼はストレスで顔面神経痛や帯状疱疹、それに介護により元々スポーツでヘルニアがあり、それが再発し彼自信も手術をしたなど…本当に不運が続きました。

彼への負担も深刻化し、彼の母は病院に入院となりましたが、彼は鬱にもなりました。

全てが精一杯の彼は私を気遣い『別れよう』とも言うようになりました。

でも私は彼を放っておけなかった。

会いたいのに会えない運命

会いたいのに会えない運命

会いたいのに会えない運命

そうして6年。本当に長かった。

やっと結婚(その前に会う)できると思ったら、運命はまだ私たちの邪魔をし続けました

今度は彼は何らかの後遺症か副作用で、深刻な激しい物忘れに悩まされ結婚どころではなくなりました。

今は少し落ちつき具体的に結婚を考えれるようになりましたが、彼には私は必要ないのか、私たちは運命に『これでもか、これでもか、』というぐらい試練を与えられ別れるべきかと悩み続けてきました。

私は待つのは正直疲れましたが、それでも彼は嘘をついてないのはわかっているし夫婦以上に心の絆は強くなりましたから諦めたくなかった

今でも苦労は耐えませんが、彼とならと思えるし私ももうオバサンの年齢になってしまいました。

一日も早く彼と暮らして支えたいです。

また、こんなダメダメな私を理解してくれるのも彼しかいないので。

彼だから待てた8年間

やはり、本当に必要だったり大切な相手の事は試練があっても乗り越えていける相手じゃないと無理だなと思いました。

相手が彼でなければ、半年会えない時点で別れてました。

私はそういう人間ですが彼だから待てました。

きっと8年越しの『やっと会えたね』は言葉にはならない程嬉しいのだと思います。

愛理さん(女性 35歳 神奈川 会社員)


愛理さん貴重な体験談を投稿していただきありがとうございました。

中々会うことが出来ないネットで出会った彼の気持ち

まだまだネットでの出会いはに対して否定的なイメージが多くつきまといますが、個人的にはネットを活用した出会いはとても有効的だと思っています。

共通の話題や趣味があるからこそネットで出会えるわけですし、相手のちゃんとした姿形がわからない分、相手の内面が全ての出逢いともいえますからね。

恋愛は外見じゃない!と思う方こそ、ネットを利用されるといいかもしれませんね。

体験談を投稿してくれた愛理さんもネットで意気のあう彼と出会い、お付き合いを始めました。

話もあうし、同じタイミング現象が続いたりと、お互いに運命を感じた愛理さんと彼の気持ちはどんどん燃え上がり、遂には結婚の約束するようになります。

しかし、8年間のやりとりをしているのにもかかわらず二人はまだ実際に顔を合わせていない状況。

ネット恋愛では会うまでに勇気が必要ですが、8年という長期間も実際に会っていないとなるとこれは深刻です。

愛理さんには申し訳ないですが、彼には実際に愛理さんと会う気は無いでしょう

普通の男性であれば好きな女性と精神面でも肉体面でも結ばれたいと思うから会いたいと願うもの。

しかし、そうする素振りはあまりなく、会う日にちが近づくと何かと会えない理由が続くというのは彼に会う気がない証拠です。

また、電話で愛理さんに話している彼、送った写真の彼は嘘の姿で、本当の彼は全く違う職種・外見なので愛理さんに会う勇気が出ない可能性もあります。

彼にとっても愛理さんという存在はとても大切なものには間違いないですが、会ってしまうと今まで嘘をついていたことがバレてしまい、これまでの関係が崩れてしまうのではないかと恐れているとも考えられます。

ネットではいくらでも嘘をつけますからね。

もし本当に不幸が起こっているのだとすれば、それはもう二人は会えない運命だと考えて下さい。

いつか会えるかもしれませんが、そういう星の下にある二人はいつか離れる定めにあります。

いずれにしろ、今の状況は非常によくありません。

今後も彼に寄り添っていく気でいるのであれば一刻も早く彼と会うことをオススメします。

このままでは愛理さんの女として輝ける時間だけが、ダラダラと失われていくだけです。

彼との関係が終わり、次の恋愛をしようとしても年齢という壁が邪魔をすることも考えられます。

愛理さんの人生を無駄にしないためにも、彼と会う約束を取り付けましょう。

もしそこで会えないならば、もう一生会えない運命だと思い、彼のことは諦めるべきです。

彼にもそう伝えておくと有効だと思います。

厳しいことを言うようですが会わなければ本物の恋愛は始まりませんよ。

ネット恋愛では、会えない分気持ちも盛り上がりやすいです。

顔が分からないのでネット恋愛では自分の都合のいいように解釈した、美化された相手に恋愛する傾向があるの注意が必要です。

相手も自分も簡単に嘘をつけるので、その点も気をつけたいですね☆



PAGE TOP