No.126 優しかった年上の彼がストーカーに。愛が恐怖に変わった恋愛体験談

優しかった彼が恐怖のストーカーに変わってしまったのはどうして?

みったさん(女性 28歳 東京都 フリーター)から投稿いただいた「彼の気持ち」体験談です。

13個年上の彼と付き合っていたみったさん

仕事でデートの時間がとれず、すれ違い状態に。

忙しい事が不満な彼と些細なことでケンカになることが増えていきます。

大量に残る着信履歴と、メールの数、癒しだった彼はいつの間にかストーカー状態になってしまいました。

彼の気持ち体験談メモ

お名前:みったさん(仮名)
性別:女性
当時の職業:フリーター
年齢:28歳
地域:東京都
悩み:ストーカー状態になってしまった彼の気持ちがわからない
当時の状況:13個上の年上男性と付き合ったが、仕事ですれ違いが多い日々に


癒しだった彼が、ストーカー男に

私が20歳の時に付き合った年上男性との体験談です。

彼は私より13個上の33歳でした。

実家がお寿司屋さんで、その跡取り息子で、比較的朝昼は仕込みだけなのでヒマでした。

私は当時アパレル販売員をしていて、師走の繁忙期でなかなか休みが取れず、一日中大忙し。

従業員もインフルエンザなどで休んでしまい、休みが不定期で彼とのデートか伸びてしまっていました。

唯一の癒しだった仕事後の電話。

彼の声が聞ける事で仕事のストレスも我慢できてました。

仕事で忙しい私の気持ちをわかってくれない彼にイライラ

しかし私が忙しい事が不満な彼。

些細なことでケンカになって行きました。

私も仕事だし、会いたいけどしょうがないから、わかってほしいと思っていたのに彼は私を責めるばかり。

最初は私も「ごめんね。」と謝っていましたが、頑張ってるのに、どうしてこんなに言われないといけないのか、どうして頑張ってるのに応援してくれないのか、日に日に不満が増してしまい、仕事のストレスに彼とのケンカが嫌になってしまい電話を一方的に切りました。

家に着くと10件の彼の着信。

やばいと思い充電が切れそうだったからと言い訳をしてその場を収めました。

恐怖の始まり、離れていく彼への気持ち

私の誕生日。

彼がお祝いをしてあげるとずいぶん前から張り切ってくれすごく楽しみでした。

しかし従業員がケガをしてしまい、代わりに出なきゃいけなくなり彼に電話。

すると彼はブチギレ。

謝ってるのに、ケーキを予約したのに!プレゼントも用意したのに!と一方的に言われ、私も限界で逆ギレしてしまい、電話を切り仕事に出ました。

休暇も取れないまま閉店。

ぐったりして休憩室で携帯を見ると彼からの着信が50件、メールも50件近く来ていました。

その数字に怖くなってしまい、しばらくしてからメールを開きました。

最初は文句、次第に連絡がこないことから不安になり謝りの文、ごめん。と連続、そして別れたくないと…

見ていて私の彼氏だけど恐怖を感じました。

疲れてまたこのやり取りが苦痛に感じその日は連絡を返しませんでした。

次の日も夜中や朝方も。

嫌気がさしてしまいそのまま職場へ。

その時くらいから彼への気持ちは離れていたんだなって思いました。

教えていないハズの家の住所に届く贈り物

しばらくすると彼からの連絡は止まりました。

もう自然消滅かな?と感じていた時に彼からメールが。

「私の家にプレゼントを贈ったから!」と。

私はまだ>彼には自分の家の住所を教えていませんでした。

そこから完全に愛が恐怖に変わってしまいました。

実際にプレゼントが届き、開いて見ると可愛いフリフリの下着が。

彼の趣味だったと思いますが、気持ち悪くなってしまい箱へ戻しました。

その後、私が仕事から帰ると荷物がかかっていたりする事が増え、日に日に恐怖を感じ、実家へお世話になることにしました。

ストーカーになりかけている彼からの逃避

友達が私の家に行ってくれ様子を伺ってくれ、郵便受けに彼の握ったお寿司や手紙、栄養ドリンクなどいろんなものが入っていたそうです。

友達も家族もこのままだとストーカーになりかけてるし、危ないからと引越しました。

携帯も解約し、職場も彼が知っているので別の店舗へ移動し、ものすごく大変でした。

それからは彼から一切連絡もないし、会うこともなくなりました。

愛されたい・追いかけられたい受け身な恋愛が好きな女性は要注意

愛されたい、愛してくれる人がいい、束縛されるのが嬉しいから、束縛してくれる男性がいい!と受け身な私のようなタイプの女性は気をつけてください。

彼氏が愛してくれることは、すごい嬉しいことです。

しかし、その愛が一歩間違えてしまうと、恐怖になってしまいます。

最近ニュースでもよく見かけますが、付き合っていた彼氏が振られた事で、ストーカーになり彼女や家族を刺して殺してしまう事件などもあり、非常に怖いです。

もしそのまま同じ部屋に住んでいたら、手を抜いていたらと思うととても怖いです。

愛もやり過ぎは注意です。

みったさん(女性 28歳 東京都 フリーター)


大好きだった彼氏が、すれ違いが原因でストーカーになってしまったというみったさん。
彼氏に束縛されるのを愛されている証拠だと思って、嬉しそうにしている女性はよく居ますよね。
束縛されて喜んでいるうちは良いのですが、それを怖いと感じ始めて愛情のバランスが崩れてしまうと、とんでもないことになります。

束縛する側の彼の気持ちを考えてみましょう。
見た目はそうは見えないかもしれないけれど、束縛するのは自分に自信がないから。
彼女が他の男のほうに行くのではないかと常に不安で、彼女を監視してしまうのです。
彼女が束縛されるのを嫌がり始めたら、度が過ぎているという証拠。彼女の心が離れて行ってしまう前に、束縛するのはやめましょうね。

そして、束縛を喜ぶ女性も、みったさんがいうように受け身な人が多いです。
これも自分に自信がないから。自分が愛されているか不安で、束縛される=愛されていると思ってしまって満足してしまうのね。
そして、彼に嫌われるのが嫌で彼の好みの服を着たり、彼の好みの髪形や化粧をしたりという女性も多いのではないでしょうか。

みったさん、次は幸せな恋ができますように☆

JUNO先生
風水学、気学、姓名判断、深層心理カード、手相顔相などで多角的な鑑定を行う。現代の恋愛事情に精通しており、若者達が「最後の一手」を貰う為に今日も列を作る。
その噂は口コミだけに留まらず、数多くのテレビ番組に出演をする。
◎公式占い: 「愛の伝道師」JUNO



PAGE TOP