可愛い彼女持ちの会社の先輩。私を2人きりでご飯に誘うのはどうして?

りょうさん(女性 34歳 千葉県 会社員)から投稿いただいた「彼の気持ち」体験談です。

会社のカッコイイ先輩から二人きりでご飯に誘われたりょうさん。

しかし、彼には可愛い彼女がいました。

その彼女の存在も知りつつ、彼と二人きりで食事にいくにつれ、りょうさんは段々と彼の事を好きになっていきます。

彼の気持ち体験談メモ

お名前:りょうさん(仮名)
性別:女性
当時の職業:会社員
年齢:34歳
地域:千葉県
悩み:彼女がいる会社の先輩にご飯に誘われて好きになってしまった
当時の状況:彼女持ちの会社の先輩二人きりで遊ぶ仲に


彼女がいるけど私と会う彼の気持ちって?

以前勤めていた会社での出来事です。

その当時は彼氏がいなく、会社と家の往復と友人とたまに遊ぶといった感じの少し寂しい毎日を過ごしていました。

「どこかに良い出会いがないのかな~。」といつも思っては、同じような毎日を過ごしていました。

職場の中でも、仲の良い先輩後輩のグループがいて、そこになぜだか私も交って仲良く過ごしていました。

そのグループというのも、男性だけや女性だけではなく、男女混じり合った仲の良いグループでした。

その中で度々飲み会なのも開催され、ちょくちょく顔を出して交流を深めていました。

たまたま仲良くなった会社の先輩

そんなある日、そのグループの中の先輩の男性一人とたまたま職場の一区画で仕事が一緒になり、あまり二人きりで話したことはありませんでしたが、その日に限っては話をしました。

初めは、いつもグループで集まった時に話すようなくだらない会話で盛り上がり、ケラケラと笑いあいながら話をしていました。

そして突然、「今度ごはん食べに行こうよ!」と誘われました。

初めは、またクループでという意味だろうなと思い、「はい!行きましょうよ!」と返事をしました。

その日はその会話で終わりました。

彼からの二人きりでのご飯のお誘い

またある日、その先輩から「ごはん、いつなら大丈夫?」と聞かれました。

私もつかさず「みんなの予定はいつがいいって言ってました?」と聞くと、「みんな?みんなじゃないよ!」と先輩が言いました。

ですが、その先輩には同じ会社にものすごく可愛い彼女がいて、私も知っていて話したことのある彼女です。

二人きりで会うのはもしかしたら何かの相談があるのかなと勝手に思い、「そうですか…。じゃあ○日はどうですか?」と聞き返しました。

そこでその場で適当に書いたメモを渡され、そのメモには連絡先が書いてありました。

仕事終わりに二人きりで初めての食事

それからその日を迎え、仕事が終わる時間が一緒だったため仕事を終え、ごはんを食べに行きました。

ごはんを食べているときも、何か相談事があるのだろう思い、話をなるべくしっかりと聞こうと思ってごはんを食べていましたが、相談事どころかいつものように何気ない話で笑い合うようなそんな時間が流れていきました。

ごはんを食べ終え、本当にたくさんご馳走になったので「ごちそうさまでした!」と告げると、先輩から「おう!」とだけ返事が返ってきました。

その日はそれからお互いの家へ帰りました。

彼女持ちの職場の先輩が私をご飯に誘うのはどうして?

彼に惹かれていくにつれて湧き上がる不安

そして度々先輩から連絡が来るようになり、顔もカッコ良く、性格も面白い先輩だったので彼女がいるとは知りながらも、ちょくちょく会うようになりました。

ですが、会っているといつも心の中で「先輩って私のこと、どう思ってるんだろう…。」「ただの暇つぶしにしか思っていないのかな…。」「ただ遊ばれてる?」と聞きたくても怖くて聞けない自分がいました。

連絡をくれるのはとてもうれしいし、会っていると本当に楽しくてどんどん先輩に惹かれている自分がいました。

ですが、先輩の気持ちが分からなさ過ぎて、これからどうしたらいいのかという不安ばかりが頭をよぎりました。

不安ばかりを考えているのにも疲れ果て、「こんな自分もうイヤ!」と感じるようになり、思いきって先輩にその思いをぶちまけることにしました。

たまたま会う約束をしていたので、その日を狙って思いを伝えることにしました。

勇気を出して彼に告白をした結果

約束の日を迎え、先輩に今まで抱えていた思いをすべてぶちまけると、先輩はものすこく煮え切らない態度を示していました。

その時「あ~…、これが先輩の答えなんだ…。」と正直ショックを受けました。

少しでも自分のことを選んでくれるのではないかと期待していた自分が、情けなくて情けなくて仕方ありませんでした。

そして先輩に「もう会いません…。」と告げ、会社で会うことはあっても二人きりで会うことはなくなりました。

やっぱり、彼女になるなら二番目の女は絶対に嫌だなと強く心に思いました。

りょうさん(女性 34歳 千葉県 会社員)


りょうさん、貴重な体験談を投稿していただきありがとうございました。

2人きりでの食事に誘ってくる彼女持ちの彼の気持ち

彼女持ちの会社の先輩と仲良くなったりょうさん。

ある日彼から二人きりでの食事に誘われます。

彼女さんにも面識のあったりょうさんですが、何度か先輩と2人で食事に出かけました。

次第に先輩のことを好きになっていったりょうさんは、彼に告白をしますがあえなく撃沈…。

彼の気持ちに戸惑いを感じてしまいます。

勇気を出して告白をしたのに残念でした…。

ちゃんと自分の気持を伝えたりょうさんは素敵な女性だと思います☆

love

彼に告白をするために必要な勇気

付き合う気も無いのに、女性と二人きりで食事を誘った彼はどのような気持ちだったのでしょうか?

雰囲気から察すると、彼はりょうさんのことを友達として気軽にお喋りが出来る可愛い後輩だという気持ちだったのでしょう。

妹のような存在とも感じていたかもしれません。

もし、りょうさんを都合の良い相手にしようとしていたのであれば、もっと早い段階で手を出していたはず。

彼にはそういった邪な考えは無く、ただ単純にりょうさんとの会話を楽しんでいたのだと思います。

りょうさんとの会話で彼が交際をしている彼女の愚痴や悪口、気持ちが冷めているというような発言はありましたか?

もしそのような発言を頻繁にしていたのであれば、りょうさん対して下心を抱いていた可能性は高いと思われます。

しかし、そういうマイナスな発言が無かったとしたら、単純にりょうさんとの会話を楽しんでいたのでしょう。

モテる男は気軽に女性をデートや食事に誘います。

恋愛に飢えている女性ですとすぐに期待しがちですが、一度冷静になってみることも大切ですよ☆



PAGE TOP