付き合っている彼氏が急に冷たい態度 彼の不機嫌の原因と上手な対処法

付き合っている彼氏が急に冷たい態度になってしまった。
こちらが何を話しかけても「うん…」「あぁ」「そうだね」くらいの相槌(あいづち)程度しか返答が返ってこない。なんだか表情も曇り気味。
お相手の男性の性格にもよりますが、皆さんも一度くらいは経験があるのではないでしょうか?

はじめまして。彼の気持ち運営&ライターのマナです。

付き合っている彼氏が急に冷たい態度

付き合っている彼氏が急に冷たい態度

私の相談者様にも「いつもはデレデレの彼が急に冷たくなった。一体彼はどうしてしまったの?」と、深刻に悩んで相談に来る女性が多くみられます。

私たち女性としてはこんな時「一体何が起こったの??」と疑問符と不安で頭がいっぱいになってしまいますよね。
原因は場合場合によって様々ですが、そこにはある決まったいくつかの「彼の気持ち」が隠されています。

彼が何らかの不満があって怒っている場合

冷たい態度=不機嫌

というパターンでは、彼は何かに怒っています。
そしてその多くが、あなたに対して不満を抱いている(怒っている)ことが理由です。

つい最近、彼の気持ちを踏みにじるような行動や言動はありませんでしたか?
彼が不機嫌になったタイミングまでさかのぼって思い出してみてください。
もし「あっ!あのことか!」とちょっとでも引っかかることがある場合は、そのことを素直に彼に謝りましょう。

男性はあなたが思っている以上に心理的にデリケートな生き物です。
まさかあんなことで怒るの?という些細なことでも心傷ついているものです。

このような彼の不満を無視し続けていると、最悪いつか別れるというパターンもありえますのでしっかり対処しておくべきです。

やさしい男性ほど怒れないから無口になる

男性のタイプによってはこのような冷たい態度をとるパターンにならない人もいます。
それはすぐに怒りの感情をおもてに表すタイプの男性です。
これはこれでDVに発展したりと問題もありますが、何で怒っているのかがすぐに女性にもわかるのである意味扱いやすい男性と言えます。

一方、優しい男性は怒りを表に出すことが苦手です。
あなたは「やさしい男性は怒らない」と勘違いしていませんか?
怒りという感情は誰にでもあります。やさしい人はただそれを表に出さないだけなのです。
そのような男性は、あなたと喧嘩になるくらいなら不満を口に出さずに自分の中で処理してしまおうと考えます。
私たち女性から見ると「なんだ甘えてるのか」と感じてしまいますね。
確かにこのようなやさしい男性というのは、問題解決を先送りして、ただすねているだけとも取れます。
デパートでおもちゃを買ってもらえず泣いて黙り込んでしまう男の子の姿を想像してしまいます。
でもそんな彼を好きになり、付き合うと決めたのはあなた自身。
しっかりと彼の気持ちを汲み取って対処できる大人の女性にならなければいけない時なのかもしれません。

冷たい態度はそのステージ(段階)によっては要注意!別れが近い可能性も

冷たい態度をとる彼は怒っている。
それなら何に怒っているかを知って素直に謝ればいいわけですが、それよりももっと深刻なケースもあります。

占い師時代に私が相談を受けたケースではこのようなお話があります。

20代で家事手伝いのA子さんは、急に態度が冷たくなった彼に不安を抱き私に相談してきました。
過去にも同じようなことがあって、その時は自分にも身に覚えのある事を謝ったら、彼もすぐにやさしい彼に戻ったとのこと。でも今回は原因が一切わからずに、彼に問いただしても「なんでもない」と返されるばかり。
タロットで彼の気持ちを占うと、なんとA子さんへの彼の気持ちは完全に冷め切っている状態でした。
A子さんには伝えられませんでしたが、A子さんの行動や生活態度に対して、彼は何度も直してほしいと意思表示をしたが、一向に改善されないことに対して落胆し、もう別れようかと考えていたのです。

A子さんの彼の場合、「怒り」というステージはすでに通り越して、「あきらめ」というステージに入ってしまっていたのです。

ここまで来てしまうと、いくら謝ろうがなだめようが彼の気持ちを変えることは難しいでしょう。
謝れば済む問題とたかをくくっていると、後で取り返しのつかないことになってしまいます。
彼に冷たい態度を取られたら、理由をさぐり、必要があれば彼に謝り、そして一番重要なことはその原因であるあなたの欠点・間違いを正すことです。
ただ謝っただけでその場を取り繕うだけでは、何の解決にもならないということを肝に銘じておきましょう。
※A子さんと彼がその後どうなったのかは報告が無いのでわかりません。

これぞ大人の女性!彼が冷たくなった時にとるべき上手な対処方法

彼に冷たい態度を取られたときに、これだけはやってはいけないという行動がいくつかあります。

やってはいけないこと1.感情的に彼を責める

不機嫌になっている彼。何を言っても相槌ばかりはこちらとしてもイライラしてきますよね。
気の短い性格の女性なら「一体何が不満なの!ハッキリってよ!」と彼を激しい口調で責めたくなる気持ちもわかります。
しかし、この状態で彼を責めてしまうと、火に油を注ぐ結果になってしまうだけです。
あなたと喧嘩をしたくないからこそ自分の殻に閉じこもっている彼に喧嘩を吹っ掛ければ、彼は閉じこもった殻をさらに厚くして殻の中に逃げ込んでしまうでしょう。
※ただ上級テクニックとして、わかった上での戦略として怒りをぶつけるという手もあります。これについては後でご紹介します。

やってはいけないこと2.自分も一緒に落ち込んでしまう

あなた自身も一緒になって落ち込んでしまうというパターンです。実はこれが一番最悪なパターンです。
冷たい態度をとる彼が怖くて、どうしていいかわからない。ブルーになる気持ちもわかります。
しかし彼が求めていることは、自分の不機嫌の原因を知ってもらい、あなたに改善してほしいということです。
あなたが原因も理解せずにただ落ち込んでしまうのを見て、彼は二人が理解し合うことは無理だと思ってしまうでしょう。
彼に別れを決意させる最悪の選択肢だと思ってください。

上手な対処法1.時間を置いてから聞き出す

彼は今、あなたへの怒りや不満を溜め込んで、喧嘩をする事ができずにその代替行為として自分の殻に閉じこもっている状態です。
この状態では、いくら不機嫌の理由を聞き出そうとしても「なんでもない」しか返ってきません。
こじれた人間関係の特効薬は「時間」です。
じっくりと時間を置いて、彼の気持ちが落ち着くのを待ってから、彼の本音を聞き出すようにしましょう。

上手な対処法2.とにかく明るく優しさをアピール

時間を置く間は、あなたのやさしさや彼に対する愛情をしっかりとアピールしましょう。
間違っても、あなた自身も不機嫌になったり、嫌味を言ったりすることの無いように。
「私はあなたの味方。どんなに時間がかかろうともあなたを理解したいの。」
というような気持ちで、彼の心に寄り添う姿勢を貫いてください。
最初は相槌しか返ってこないかもしれませんが、期待せずにやさしく彼に語りかけることを継続してみてください。

上手な対処法3.自分にも悪い部分があれば改善する

じっくり時間を置いてやさしく接していくと、彼の態度にも少しずつ変化が現れてくるはずです。
良い頃合いだなと思ったら、彼に不機嫌の理由を聞いてみましょう。
ぽつりぽつりとでも話し始めてくれたらこっちのものです。
もし話をしてくれないようなら、手紙やメール、LINEなどで彼の気持ちを聞き出すのも有効な手です。口ではなかなか言えないことでも文章だと打ち明けられることもありますから。
理由を聞き出せたのなら、そのことについてしっかりと彼と話し合いましょう。
必要なら自分の直すべきところは反省し、彼に改善していく意思を伝えましょう。
もちろん、あなたにとって納得のいかない理由だったら、なぜ納得がいかないかを彼と話し合ってください。
このようにお互いに冷静な状態さえ作り出せれば、大人の二人なら話し合いで解決できることがほとんどです。

上級テクニック&特別な例

上では、いわゆる王道的(誰にでもあてはまるよう)な対処法をご紹介しました。
しかし、人間同士ですから上のようなやり方では対処が難しい男女関係もあることでしょう。
たとえば何度話し合っても、すぐにまた冷たく不機嫌な彼氏に戻ってしまう場合や、いくらあなたがやさしく接して彼をなだめる時間を置いても、一向に彼が態度を改めないような場合です。
こんな時は覚悟を決めて、あなたの言いたいことをはっきりと彼にぶつけるべきです。
この時、ヒステリックにならなず感情は出さない方がより効果的です。
ただ淡々と「これ以上、こんな状態のあなたと付き合うことは無理です。態度を改めないのなら私はしばらくあなたと会いません。」と、あなたの強い意志を伝えてみてください。
その場の感情で出る「怒りの言葉」よりも、強い覚悟から出る「決意の言葉」はこのような甘ったれた男性には強力に響くはずです。

ちなみにこちらの動画は、テレビ番組「探偵ナイトスクープ」で過去に放送されたものです。
なんと23年間も、奥さんを無視し続けた旦那さんのお話です。

動画で登場するお父さん(旦那さん)のように、男性は一度すねてしまうとプライドが許さないのかわかりませんが自分からその殻を破れなくなってしまう場合があるようです。
そんな時はパートナーであるあなたが毅然とした態度で、外から殻を破ってあげる必要があるのかもしれません。

彼があなたに冷淡になるその他の理由

彼があなたに対して不満を抱き不機嫌になってしまう原因は様々でしょう。
例えば・・・

・あなたが彼の性格や容姿をバカにした
・あなたが浮気したor浮気しそうになった
・セックスレス
・あなたの元彼の話題
・理想の女性像に合わない
などなど。数え上げたらきりがありません。

しかし彼の態度が冷たく変化する原因が、あなたへの不満ではない時もあります。
例えば、

・仕事がうまくいっていない
・彼の友人関係での悩み
・彼の親族関係での悩み
・借金・ギャンブルなど

です。

原因があなたにないにもかかわらず、冷たい態度をとられ不安にさせられて、頭に来てしまう気持ちもわかります。
でも大好きな彼の悩み。こういう時はできれば一緒になって悩んであげてください。二人の絆がより深まるチャンスです。

どうしても理由がわからない時は

とはいっても男女関係はなかなか一筋縄ではいかないものです。
どうしても彼の不機嫌の原因が分からない、解決できない時は、先人たちの知恵を借りてみましょう。

彼が冷たい態度の時に読む参考書

恋愛中の男性心理を扱った恋愛読本はいっぱいありますが、私がお奨めする本を一部ご紹介します。

大好きな人がどんどん好きになってくれる本 ANNA (著)

大好きな人がどんどん好きになってくれる本 ANNA (著)

著者のANNA(アンナ)さんは、キャバクラや銀座のクラブなどでホステスとして経験を積み、今までに数百人の女性の悩みにこたえてきた方です。
第五章の「彼の気持ちが離れてしまった」が参考になるでしょう。

男が「本当に考えていること」を知る方法 ぐっどうぃる博士(著)

男が「本当に考えていること」を知る方法 ぐっどうぃる博士(著)

カリスマ恋愛カウンセラーぐっどうぃる博士の本です。
第四章「自分の感情をコントロールして彼の心を動かす」の「1.感情的なとき、行動してはいけない」
や、「3.冷めてしまった彼の心を取り戻す方法」などが参考になります。

それでも彼の冷たい理由がわからない時

人と人の運命とは実に摩訶不思議なものです。
お互いに好き合っていても、なぜかいつも喧嘩ばかり。
友達に相談しまくって、理性的に話し合いを進めてもうまくいかないときはうまくいきません。
型の違う歯車がかみ合わないように、いくら合わせようと近づけても噛み合わない時もあります。

こんなとき多くの場合は「別れ」という悲しい選択をせざるを得ませんが、大好きであればあるほどそれは辛く悲しいことです。

時間が解決する関係もありますが、あなたと彼お互いが大切な時間を何年も犠牲にしてしまうことにもなります。

人生に起こる問題をすべて解決してきた人なんていません。みんな落としどころを見つけて、ただ前に進むしかないのです。

今が人生の転機かもしれないと感じるのでしたら、一度立ち止まって状況を占い師に客観的に見てもらってはいかがでしょうか。



PAGE TOP