会社の上司に片想い。私の事が好きだったけど付き合ってくれなかった彼の気持ち

イトさん(女性 32歳 千葉県 アパレル業)から投稿いただいた「彼の気持ち」体験談です。

同じ会社の上司に想いを寄せていたイトさん。

仕事以外のプライベートでも連絡をとりあったり、友達同士で飲みに行くほど仲良くなることができ、期待を膨らませていきます。

しかし、ある時から突然仕事以外での交流が減ってしまいました。

どうして?と疑問に感じていたイトさんでしたが、意外な存在と三角関係のため二人の恋の障害になっていたことがわかりました。

彼の気持ち体験談メモ

お名前:イトさん(仮名)
性別:女性
当時の職業:アパレル業
年齢:32歳
地域:千葉県
悩み:好きな会社の上司の態度が急によそよそしくなった
当時の状況:会社の上司に片想い


会社の上司に片想いをして失恋した体験談

私が20代後半の時でした。

当時勤務していた会社の上司に片想いをしました。

結果からすると振られてしまいましたが、相手が優男だったためか吹っ切れるまで随分時間がかかりました。

好きだった彼はとにかく優しい人でした。

周りから優柔不断の頑固者と言われることの多い人でしたが(実際仕事中に私もそう感じたことはありました)どこか憎めず、周りもいつも気にかけていました。

好きな彼と仕事以外のことでも頻繁に連絡をとりあう仲に

連絡先は、私が入社した当初に交換していたので知っていました。

初め、相手から頻繁にLINEが入るようになりました。

業務内容の時もあれば、日常の雑談など特に決まってなく寂しがりやなのかな程度にしか捉えていませんでした。

段々シフトが重なることが増え、話をしていく内に飲みにいったり業務内容以外のLINEも増えていき周りからも仲良しでお互いのことを知り尽くしているような認識になっていきました。

ちょうどその頃、よくお互いの家庭環境の話をしたり相手の友だち、私の友だちを含め飲みに行くことがありお互い気を許しているのかなあ、と感じることが多々ありました。

私は相手に惹かれていたので、嬉しかったことを今でも覚えています。

仲の良かった彼との交流がいきなり激減

けれど、ある日を境に仕事中とLINE以外の交流がなくなりました。

仕事が忙しくなってきていたのでその影響かとも思いましたが、何か言いたそうな顔でよく仕事中私を見ていたので、もう仕事以外での付き合いをしたくないのかな、と感じました。

同時期に、同僚でやけに食事や飲みに誘ってくれた人がいました。

私は特に同僚に対して好きも嫌いもなく、食事や飲みも他の方がいるのなら行きましたが2人きりはありませんでした。

片想い中の人に、「(同僚と)どういう関係なの、付き合っているの」と茶化されることもありましたが、はっきりと否定していました。

同僚の人と良い雰囲気なら俺はLINEする回数減らさなきゃ、祝福するなどヤキモチなのか、それともイジりたいのかわからないLINEが入るようになりました。

実は同僚が恋のお邪魔虫に

周りに相談をしたところ、片想い中の人は私と同僚は気が合うのかもしれない、自分と違って仕事も早いし私に対して使ってあげられる時間が自分よりあるから一緒にいて楽しいと思う、など言っていたことがわかりました。

同僚の方は周りに私と気が合うと言っていたようですが、実際は特にそうでもなく、複数人で飲みに行った時も一人暮らしの私のマンションまで心配だからと無理矢理ついてこようとしたり、ちょっと迷惑な一面もあり、少しづつ距離を置いているような状態でした。

片想いの彼に勇気を出して告白

好きな人に誤解をされたまま避けられることは辛く、私の気持ちを伝えました。

好きだとはっきり伝えましたが、失恋してしまいました。

「(私と)一緒にいて楽しいし、信頼してる。けど気持ちには答えられない。」と告白から数日後に伝えられました。

それからも特にLINEが減ることもなく、職場に行けば楽しく過ごし、冗談を言い、周りに夫婦喧嘩と茶化されながら喧嘩し、私は本当に振られたのだろうかと時々悩み周りに相談をするけど、相手の気持ちは分からず月日は流れました。

振られたのに、変わらない相手に私はどうして良いかわからなくなっていました。

私の事が好きだったけど付き合ってくれなかった彼の気持ち

最近聞かされた彼の本当の気持ち

つい最近、片想いをしていた相手と話をする機会がありました。

私は失恋から立ち直り相手には、昔好きだった人、一緒にいて楽しいという上司で友人としての気持ちでした。

お酒が入った相手が私に言いました。

「あの時、同僚との恋愛を応援しようと思い私との接し方に悩んでいた。私を自分の家庭環境に巻き込むことはしたくない。仕事に手一杯で私に対して時間を作れないことが情けなかった。本当は好きだった」と。

私はもう遅いよ、としか言えませんでした。

イトさん(女性 32歳 千葉県 アパレル業)


イトさん、貴重な体験談を投稿していただきありがとうございました。

告白を受け入れてくれない彼の気持ち

好きな人に告白をしたけれどフラれてしまった…

皆さんも一度はそんな経験をしたことがあると思います。

勇気を出して告白をしたのにフラれてしまうというのはとても辛いこと。

ですが、人生においてはとてもいい経験になります。

告白をするという勇気を持つことができた皆さんはとても素敵な女性ですよ☆

告白という行為の大切さ

今回体験談を投稿してくださったイトさんも、好きな彼に告白をしてフラれてしまった女性の一人でした。

イトさんの場合は職場恋愛で相手が上司だっという状況でした。

実は職場恋愛って成功率が結構低めなんです。

特に、相手の会社での立場が重要なポストであったり、真面目な性格な人ほど成功率が低くなります。

その一番の理由が、自分の昇進にかかわるからです。

会社は仕事をする場所なのに、そこで恋愛なんて…というような味方をされて査定が下がってしまうことが多々あるようです。

男性は、ずっと働き続ける必要がありますから、一生を左右する査定に悪影響が及ぶ危険がある行為は避けたがるんですよね。

また、関係が上手くいっているのであればいいのですが、別れてしまった場合はその後の処理も大変になります。

そういう先々の事を考えるタイプの男性であれば、職場恋愛の成功率はかなり低くなると考えて下さい。

イトさんが想いを寄せていた彼の場合はそういった事情に加え、自分の部下が好きな人を横取りするのは気が引けるという気持ちがあったのでしょう。

だから、イトさんと同僚をくっつけようとする言動もしています。

ただ、最後最後に彼の本心を聞かされた時に、意気地のない男だなと感じてしまいました。

自分から告白を断ったのであれば最後まで本心は隠すべきでしょう。

優柔不断な男の典型ですね。

こういうタイプの男性はあまりオススメできません。

イトさんにはもっと素敵な男性がお似合いですよ♪



PAGE TOP