別れたけれどやっぱり彼の事が好き。彼も復縁したいと思ってくれてるの?

まるさん(女性 23歳 宮城県 事務)から投稿いただいた「彼の気持ち」体験談です。

当時付き合っていた彼と倦怠期に入り、今まで感じていたトキメキや彼との会話に楽しさを感じなくなってしまったまるさん。

付き合っている意味を感じることが出来なくなった二人は別れを選択します。

しかし、別れてから彼の事が忘れることが出来ず、次の恋愛にも進むことが出来なかったまるさん。

元カレをとよりを戻すために勇気を出して連絡をしてみることを決意します。

彼の気持ち体験談メモ

お名前:まるさん(仮名)
性別:女性
当時の職業:事務
年齢:23歳
地域:宮城県
悩み:別れた元カレに連絡をとりたいけど、別れた相手に連絡をして良いのかどうかわからない
当時の状況:倦怠期が原因で失恋中


別れても気持ちが消えない元カレと寄りを戻したい…

倦怠期真っ只中、デートをしてもいまいち盛り上がらなかったり、口数も少なく付き合っているという意味が見出せずにいた期間がありました。

次第に心の距離も離れていき、どちらとも無く別れるという結論にたどり着きました。

ですが、数ヶ月経っても半年経っても中々彼のことが忘れられず、夢の中にも出てくる始末で忘れる事が出来ませんでした。

なんで別れてしまったんだろう、もう一度デートしたいという気持ちで日々溢れて苦しかったです。

考えだした結論はやっぱり元カレの事が好き

そんな気持ちを友達に相談して見たところ、それは付き合っていた時とフリーの時のギャップが激しく感じているだけじゃないかと言われました。

早い話が思い出補正として、付き合っていた日々がより愛おしいと感じる心理だと言われてしまいました。

私もそうなのかなと最初は感じましたが、他の男性に告白されても心が揺れ動かず、彼のことだけをずっと好きな気持ちでいました。

自分自身と向き合って見たところ、やっぱり彼のことが好きで、後悔しているんだなという結論に至りました。

別れても忘れられない元カレの存在。彼はどう思っているの?

勇気を出して元カレに連絡をしてみると…

もう一度連絡してみてもいいかなという気持ちが固まり、私のことを彼は今どう思っているのか知りたくなりました。

もしかしたら彼女がいて幸せな暮らしを築いているのかもしれないという想像はしましたが、やっぱり想いを伝えたいということなので、空メールを送って見ました。

なんと私のメールは拒否設定されておらず、無事に届くことがわかると嬉しくなり当たり障りないメールを送りました。

返事も帰って来て、久しぶりだねから会話が始まりました。

高鳴る気持ちを抑えてお互いの今の生活ぶりを教え合う中、どちらもフリーで恋人がいないこともわかりました。

私は電話に切り替えて今の気持ちを素直に伝えたところ、嬉しいと相手も言ってくれて男なのにボロボロと涙も流してくれました。

私もつられて泣いてしまい、今度また会ってくれませんかと誘うことができました。

元カレの私に対する気持ち

後日会ってみると、少し痩せた彼が印象的で、付き合っていた時と同様に優しい笑顔を見せてくれました。

別れた直後、最初は趣味に打ち込めるぞと躍起な気持ちであれこれ手をつけた彼ですが、身が入らなかったそうです。

連絡したいと思う日はあったそうですが、ネットの記事を見ると元カレが元カノに連絡する時は下心があるから、というものを見てしまって送れずにいられなかったそうです。

話してみて、すれ違いがあったこそ、別れてからお互いの大切さをより感じることができ、こうして会えた理由だと思いました。

私から思い切って行動を出して本当に良かったと思いました。

その前にも友達に話を聞いてもらい、的確なアドバイスを貰ったことでも本当の気持ちに気づけたので凄く感謝します。

元カレと復縁出来た瞬間

彼から「また付き合ってもらえませんか?」と告白してもらい、私が迷わずOKを出したところで、またお互い泣いてしまいました。

付き合っていた期間は一年、別れてから一年ですが、また付き合うことができました。

一度別れた時の辛さをわかってるからこそ相手を大事に出来るし、別れた理由を明確にした上で付き合うので、同じ理由で別れることは少ないです。

倦怠期を乗り越えられなかったのが原因ですが、一度別れる辛さを知っているからこそ今度は乗り越えられると思います。

時には離れてみることも必要

離れていた時期の話は、聞けば聞くほどお互いを思っての毎日でした。

彼の方はフリーの時同僚に女の子を紹介されたのですが、結局付き合うことができず、同僚を困らせてしまったということでした。

寂しさを埋めるために人と付き合うということはよく聞きますが、お互い出来なかったということは似た者同士なんだなと更に気持ちを深めることができました。

未来はどうなるかわからないけど、今の気持ちと相手の存在を大切にしています。

まるさん(女性 23歳 宮城県 事務)


まるさん、貴重な体験談を投稿していただきありがとうございました。

彼女と別れた後に復縁を望む彼の気持ち

倦怠期に入り、彼への気持ちが冷めてしまったまるさん。

二人は話し合いの結果別れることを決断しました。

しかし、その後も彼への気持ちが消えることがなかったまるさんは、勇気を出して彼に連絡をとり、無事に二人は復縁を果たすことが出来ました。

無事に彼と復縁することが出来て本当に良かったですね☆

まだお付き合いをしている段階ですから、これからも色々な気持ちの変化があるとは思いますが、大きな危機を乗り越えた二人なら幸せな未来を掴むことが出来ると信じています。

付き合いたての頃は毎日のようにドキドキしたり彼にトキメイたりするものですが、付き合いが長くなればその新鮮な気持ちも徐々に薄れていきます。

これは誰もが通る道です。

この倦怠期をどう乗り越えるかが結婚まで辿り着けるかどうかの分かれ目となるでしょう。

特に男性の場合、倦怠期に別れを切り出されると、すんなりと別れを受け入れる人が多いんですよね。

付き合いたてのころの気持ちは忘れてしまっていますし、今まで彼女と過ごしていた時間を友達と遊んだり、趣味に使ったりすることが出来るかも♪という希望に満ちた空想をしがち。

別れるのは少し寂しいけど、もっと自分の時間を楽しんだり新しい恋人を見つけてやるぞー!といった開放感を感じる人が多いんです。

え…私ってその程度だったの…?とショックを受けてしまう方もいるかもしれませんが、悲しいながら男性の気持ちはこんなものなんですよね。

でも、面白いことに、最初は開放感を感じて色々と楽しみを見つけ出そうとするのですが、段々と一人の寂しさを感じ始めると彼女との別れを後悔してくるんです。

1ヶ月もすれば別れなければよかった…何でもっとあいつのことを大事にしてやれなかったんだろう…という反省モードに入ります。

別れてから彼女の大切さがわかったという典型的な例ですね。

でもこのタイプの男性ってすっごく多いんですよ。

占い師時代にも復縁希望の相談をしてきた男性のほとんどがこのタイプでした。

一度別れるということは、あなたにとっても非常に辛い決断だとは思いますが、倦怠期の乗り越え方がわからないのであれば、別れるという荒療治を取り入れてみるのお薦めです。

まぁそのまま完全に別れてしまう人も多いのですが…(笑)

その時はその時で縁が無かったと思うしか無いですね。

別れが教えてくれるお互いの存在の大切さ

それでも、離れてみて初めて分かることって沢山あります。

それをお互いに感じることが出来る関係が構築されているのであれば、復縁できる可能性はすごく高いものです。

一回別れた相手とまたよりを戻すのはみっともないという風潮がありますが、そんな無駄な考えは捨てるべきだと私は思います。

そんな訳の分からないプライドを捨てて、もっと素直に生きる人が増えていけばいいんですけどね…。

別れることで学ぶことは沢山あります。

そこで学んだことを二人がしっかりと活かすことができるのであれば、それは最高のパートナーだといえるでしょう。

結婚をしてしまえば毎日が倦怠期みたいなものです(笑)

一生を共にするのであれば、ドキドキしない状態の方が長いんですから、倦怠期に入ったときこそ彼の本当の内面を見極めるチャンスだと思いましょう♪



PAGE TOP