しばらく彼女はいらないと言っていたのに私を誘ってくる彼の気持ちって?

ゆーさん(女性 30歳 和歌山県 専業主婦)から投稿いただいた「彼の気持ち」体験談です。

入っていたサークルに新しく入ってきた彼女持ちの彼に一目惚れしたゆーさん。

彼女がいる彼から連絡先を聞かれ少し戸惑いましたが、彼とメールのやりとりを始めます。

彼が彼女と別れたと聞かされたゆーさんですが、彼の口からはしばらく彼女はいらないという言葉も聞かされてしまいます。

それなのに、ゆーさんを食事に誘ったり、気にかけた素振りをみせる彼。

彼の気持ちがわからず、ゆーさんは一人で思い悩んでしまいます。

彼の気持ち体験談メモ

お名前:ゆーさん(仮名)
性別:女性
当時の職業:専業主婦
年齢:30歳
地域:和歌山県
悩み:気になっている彼の気持ちが全くわからない
当時の状況:同じサークルに彼に片想い


勇気を出したからこそ実った私の恋話

これは私が19歳の時の話です。

当時、短大生だった私はサークルに力を入れていて、恋愛とは程遠い毎日を過ごしていました。

そんなある日、私が所属していたサークルにA君という一つ年下の男の子が入部してきました。

A君は私の理想の外見で、出会った瞬間ビビっと運命を感じるほどでした。

しかし、A君には彼女がいる事を知り落ち込みました。

気になる彼と連絡先を交換

そんなある日、A君と2人きりになる機会があり、私はひとりドキドキしていました。

するとA君は私に連絡先を聞いてきました。

彼女がいるのに連絡先を聞いても大丈夫なのかな?と思いましたが、心ではとても嬉しくて喜んで交換しました。

彼からのメールの内容にビックリ

交換した夜、A君から早速メールが届きました。

その内容に私は驚きました。

付き合ってる人はいるのかと。

どうして彼女がいるのに、私にそんな事を聞いてくるのだろうと考えました。

もしかしてA君は私ではなくても誰でもよかったのか、遊び人を探しているだけなのか、私を浮気相手にするだけなのかと、頭の中で考えれば考える程A君の気持ちが分からなくなり混乱しました。

とりあえず付き合っている人はいないとA君に伝えると、それからメールは返ってきませんでした。

全然わからない彼の気持ち

数日後、サークルでA君に会いましたが、挨拶をしてきただけで話をする事もなく行ってしまいました。

連絡先を聞いてきた事や、付き合っている人がいるかを聞いてきた事はなんだったんだろうと思い、少しでも期待してしまった自分が恥ずしかったです。

A君は私に少しでも気があるから聞いてきたのではなかったのでしょうか。

A君の気持ちがさっぱり分からず辛かったです。

その日の夜にまたA君がメールをしてきました。

振り回される私の気持ち

最初は他愛もない内容でしたが、突然A君が彼女と別れた事を言ってきました。

私にも彼女になれるチャンスはあるかもと思い喜びましたが、その思いも束の間、A君はしばらく彼女はいらないと言ってきました。

私は自分が傷つくのは嫌だから、A君の事は考えないようにしようと決めました。

A君の言葉に嬉しくなったり悲しくなったり、気持ちを振り回されるのが辛かったからです。

彼からの食事の誘い

次の日、サークルでA君と会いましたが喋らないように避けているとA君の方から喋りかけてきました。

サークルが終わったら一緒にご飯にいこうと誘われました。

私は凄く嬉しかったのですが、またA君の言葉でどん底に落とされるのが怖くて断わりました。

A君は次の日も誘ってきましたが、私は断りました。

彼女はいらないと言っていたのに私を誘ってくる彼の気持ち

友達に自分の気持を相談

その日の夜、A君と共通の友達からメールが来て、A君が落ち込んでると聞きました。

私はどうしてかと聞くと、A君が私を誘っても毎回断られ避けられてる気がすると言ってるみたいでした。

私は、もうA君の気持ちが分からずぐちゃぐちゃです。

彼女はしばらくいらないと言っていたのに、どうして私を誘うの?どうして断られて落ち込むの?私の事を少しでも好きと思っているの?

私は共通の友人に今の気持ちを打ち明けると、友人は勇気を出して今の自分の気持ちをA君にぶつけてみな、と言いました。

私自身もこのままモヤモヤしたまま毎日を過ごすのは辛かったので、勇気を出してA君にメールをしました。

上手く伝えられるか分からないけれど話したい事があります、と。

勇気を出して彼に告白

1時間後、A君と待ち合わせをして会いました。

私は今の気持ちを素直に伝えました。

A君の事が好きです、と。

私は振られるのを覚悟していましたが、驚いた事にA君は私の事が気になっていたみたいでした。

彼女はしばらくいらないと言ったのはただの見栄で、彼女と別れたのも私の事が気になってきていたからだそうです。

色々とお互いの気持ちがすれ違っていた悩みも解決され、晴れて2人はお付き合いをする事になりました。

彼との恋愛で学んだこと

今だから思える事は、あの時勇気をもってA君に素直な気持ちをぶつけてよかったなと思います。

もし伝えていなかったら、交わるはずの2人の気持ちが交わらないまま違う道を進んでいたんだと思うと、勇気を出すという事は本当に大切な事なんだなと思います。

勇気をだすだけで、未来は何とでも変わります。

これからもどんな事があっても勇気をだして前に進もうと思います。

ゆーさん(女性 30歳 和歌山県 専業主婦)


ゆーさん、貴重な体験談を投稿していただきありがとうございました。

好きな女性の前だと強がってしまう彼の気持ち

結論から言ってしまうと、男は好きな女の前では強がってしまう生き物です。

これは全ての人に当てはまり、少しでも自分を大きく見せようとします。

学歴だったり、収入だったり、過去の栄光など人それぞれですが、絶対に話を少し盛ります(笑)

それがバレてしまうと、嘘をつかれたこっちとしてはあれ?ってなりますが、好きな女性に対して少しでも自分をよく見せようとするのは自然なこと。

だから、もし彼の昔の栄光が嘘だったとしてもそっとしてあげてくださいね…。

カッコつけたがる男心

カッコつけたがる男心

少し話はそれてしまいましたが、ゆーさんが片想いをしていた彼も強がりな男性の一人。

本当はゆーさんとすぐにでも付き合いたいのに、別れたばかりで彼女はいらないと強がってしまっていました。

何故彼がこんな嘘をついたのか。

それは、彼女と別れたからといってすぐに他の女性と付き合おうとする軽い男に見られたくなかったからです。

話を読んでいるとゆーさんは男女の交際に関して真面目な印象を受けました。

それを彼も感じ取っていたのでしょう。

だから彼も本心ではない強がりをゆーさんにしてしまっています。

この強がりの嘘が原因で二人の仲は危険な状況になってしまいましたが、最終的には無事にお付き合いをすることが出来ました。

もしゆーさんが勇気を出して告白をしていなかったら、二人はずっとスレ違ったままだったでしょう。

誤解が解けて本当に良かったと思います。

大なり小なり、好きな女性に対しては男は見栄をはって強がる存在だということを頭に入れておくと、これからの恋愛がスムーズに進むことがあるかもしれませんよ☆



PAGE TOP